• 朝獲れの産地直送 旬の地魚 直接足を運び直接想いを確認する 自らが納得した妥協のない仕入れ
  • 吉祥寺で55名様までの宴会に対応可能な広い店内 飲み放題付コースは充実の3時間 幹事様必見のラクして褒められる充実の内容
  • 吉祥寺の大人女子は いつもとちょっと楽しみ方を変えて 日本酒で女子会
  • 人気のカウンター席は一人飲みにおすすめ 日本酒デビューを応援します
  • 注文率は8割以上 旬の地魚を使った“お造りの盛り合わせ” 切り付け一つで味が変わる和の技術と素材の良さ これらを引き立てる美味い日本酒と

日本酒が誕生した理由と製造方法の変化

日本酒は名前からも分かるように日本を代表するお酒でもあります。日本酒は米から製造された醸造酒で清酒とも呼ばれています。日本酒の原料は米と水がほとんどですので、組み合わせによって仕上がりが大きく変化します。その為、多くの方から人気となっています。そんな日本酒には古い歴史がありますので、こちらでは日本酒が誕生した理由と製造方法について説明しています。

日本酒の誕生

原料が米と水となっている日本酒は縄文時代以降の弥生時代に誕生していたとされています。古書からは造酒司と呼ばれるお酒の製造方法も発見されています。またお酒は飲酒をする為に製造していたのではなく、収穫を終えた後に神への感謝としてお酒を捧げていたと言われており、飲むことはあまりなかったそうです。

お酒の起源

クリやクルミといった堅実類やアワやヒエといった雑穀類などのデンプン類を含んだ食材を噛むことで、唾液に含まれる糖化酵素であるアミラーゼによりデンプンが分解されてブドウ糖ができます。これを容器に溜め野生酵母によりアルコールが発酵するのですが、これを口噛み酒と呼びます。この口噛み酒がお酒の起源とも言われており、太古の昔から東アジアや中南米など広い範囲で行なわれていたそうです。沖縄では口噛み酒を明治時代まで行なっていたとも言われています。

製造方法の変化

時代の変化と共にお酒の製造方法も大きく変化し、麹を使った製造方法が米からお酒を製造していた起源とされています。麹には酵素やアミラーゼを生み出す働きを持っており、アミラーゼの成分によりブドウ糖に変化します。この発見は口噛み酒の製造方法よりも画期的な方法となり、多量にお酒を製造することに成功しています。この製造方法により現代でも美味しい日本酒を宴会の席や創作居酒屋といった場所で楽しむことができるようになっています。

吉祥寺で美味しい和食と日本酒が楽しめる当店は、朝獲れた鮮魚や素材にこだわった和食を楽しむことができる創作居酒屋となっています。料理に合う日本酒も豊富に取り揃えていますので、宴会や女子会などにもおすすめですし、出張などで吉祥寺に立ち寄った際の一人飲みにも最適です。創作居酒屋を吉祥寺でお探しの方は、当店をぜひご利用ください。