• 朝獲れの産地直送 旬の地魚 直接足を運び直接想いを確認する 自らが納得した妥協のない仕入れ
  • 吉祥寺で55名様までの宴会に対応可能な広い店内 飲み放題付コースは充実の3時間 幹事様必見のラクして褒められる充実の内容
  • 吉祥寺の大人女子は いつもとちょっと楽しみ方を変えて 日本酒で女子会
  • 人気のカウンター席は一人飲みにおすすめ 日本酒デビューを応援します
  • 注文率は8割以上 旬の地魚を使った“お造りの盛り合わせ” 切り付け一つで味が変わる和の技術と素材の良さ これらを引き立てる美味い日本酒と

和食が世界遺産に登録された背景

年中行事と深く関わりがあり、私たちの食生活に根強く存在している和食が、世界無形文化遺産に登録されました。健康的な料理として海外からも注目されていますが、世界遺産に登録することになった背景とは、一体何なのでしょうか。

食事の西洋化と世界遺産登録

近年の日本の食卓は西洋化が進み、若者を中心に和食離れが起こっています。出汁をとった味噌汁やご飯、漬物や酢の物、和物、煮物などの日本食を中心としたメニューに代わって、カレーやシチュー、唐揚げやハンバーグなどの洋風のメニューがよく見られるようになりました。 また朝食についても、ご飯よりもパンを食べる人が多く、日本全体で和食離れが進んでいます。和食が食べられなくなり和食そのものが絶滅の危機にさらされていることが、世界遺産登録の主な背景となっています。世界遺産に登録することで、国民に和食の良さを再認識してもらい、次世代に和食の文化を伝えてもらうことを期待しています。

和食離れが進んだ原因とは

1950年代頃になると、戦争に負けた弱い日本を強くしようと、国全体で欧米文化をどんどん取り入れ欧米に追いつこうと動いていました。そして、日本の食生活も、米や芋類を中心とした内容から、パンや肉、乳製品、卵などを使用した西洋風の食生活が推進されました。高度経済成長を成し遂げると、日本の食卓に洋風の食事が出るのは当たり前になり、さらに日本人の和食離れと洋食化が進んでいきました。しかし和食離れが進んでいるとはいえ、私たち日本人にとって和食は大切な文化です。なくさないためにも、家庭や外食でできるだけ和食を食べ、改めて日本食の素晴らしさを認識したいものです。 近年、和食居酒屋も多くなり、お酒と一緒に本格的な和食が気軽に楽しめるようになりました。お酒を飲みに行くなら、和食居酒屋で和食と一緒に日本酒を楽しむのもいいでしょう。

当店は、吉祥寺にある和食居酒屋です。産地直送の鮮魚や厳選した野菜を使った創作料理が味わえます。女子会や会社の宴会でもご利用いただけますので、友人や同僚たちと一緒に和食を味わいにお越しください。